【やる気スイッチどこにある?】在宅仕事でぶち当たる壁

フリートーク

フリーランスやテレワークなどで、在宅仕事をする時にぶち当たる壁に苦しんでいます。
会社ではなく、家で一人で仕事をするわけです。自分で自分を自制して仕事をしなければなりません。
やる気と集中力、どこに行けば買えるんですかね?

なかなか日々やる気が出ません。
パソコンの前に座ってYouTubeを見て、スマホでゲームをして、ブログを書くためのメモアプリは真っ白。
気がつけば一日終わっています。

仕事を辞めて1ヶ月ちょっと経ち、最近はもっぱらやる気をだす方法を模索しています。
やる気を出すために、まず私のやる気を阻害しているもの(原因)を考えてみました。

やる気阻害の原因?

  1. スマホの中に入っているゲーム
  2. そもそもスマホの存在
  3. パソコンがある部屋が基本的にいつもくつろいでいるスペース
  4. 少し(?)散らかった机と部屋
  5. パソコンでYouTube見ていようがスマホを見ていようが、誰にも何も言われない一人きりの空間
  6. テキスト作成がそもそも苦手
  7. 0→1(ゼロイチ)作業に時間がかかる

大きく考えられるのは今のところこの7つでしょうか。
では次に、一つずつ掘り下げして改善策を考えます。

1.スマホの中に入っているゲーム

もともとゲームはやらないタイプで、ゲーム機なども持っていないのですが、パズルゲームは大好きです。
「上海」という麻雀牌を神経衰弱のように、ひたすらペアにして消していくというゲームにどはまりしていて、永遠とやってしまっていました。
通常スマホゲームって何回かやるとゲームをやるためのポイントを消費してしまって、少し時間を置くか課金をするかしないとやり続けられないものだと思うのですが、私がやっていた上海アプリがそういうルールがなく、ゲームオーバーに何度なろうがいくらでも永遠にやり続けられるというタチの悪いヤツでした。
止め時が見つからず、気がついたら2時間3時間当たり前に時間泥棒するゲームです。
5年くらい愛用していたのですが、中毒性が高すぎるので思い切って昨晩消しました!
もうこのアプリに時間を取られることはありません。(やりたい中毒がうずうずしていますが耐えます)

2.そもそもスマホの存在

さすがにスマホを消すことはできません。
パソコンに向かっている時はスマホを少し離れた所に置くことにしました。

3.パソコンがある部屋が基本的にいつもくつろいでいるスペース

メンタリストDaiGoさんのYouTubeで、仕事をする場所は部屋を分けるなど”境界線”を作ることが大切という話がありました。
また会社へ通勤する場合、通勤というルーティンが仕事モードへの切り替えになるそうです。
パソコンが現在くつろでいるスペース内にあるので、ゆくゆく違う部屋に移動させようと思っています。
またブログ作成のルーティンを作るということで、パソコンに向かう前にスクワットを10〜20回してからパソコンに向かうことにしました。

4.少し(?)散らかった机と部屋

少しずつ要らない物を捨てたりして整理をしています。
パソコンも移動させたいので、計画的に進めていきたいです。

5.パソコンでYouTube見ていようがスマホを見ていようが、誰にも何も言われない一人きりの空間

これは本当に自制心の戦いですね。。監視するのも手を動かすのも自分だけ。
ここは一日のルーティン化で改善したいと考えています。

6.テキスト作成がそもそも苦手

日記など何も続かない人間なのですが、唯一Twitterだけは10年近く続いていて、定期的に140文字のつぶやきを楽しんでいます。
Twitterを10年やってきて、140文字という短いテキストの中で人にどのように伝えるといいのか、少しは学んでいると思います。
140文字以上のテキスト作成も克服したいと思い始めたブログです。
続けていくことで克服を目指します。

7.0→1(ゼロイチ)作業に時間がかかる

これは前職のWebディレクターをしていた時に学びました。
テキストでも何でもいいのですが、何もない0の状態から、何かが少しでも存在する1の状態にすることが一番時間がかかり大変で頭を使います。
逆に言えば1の状態になれば、2にするのも10にするのも、0→1より作業が大変ではありません。
これは大枠からの組み立てで解消ですね。
また後日、別の記事で深掘りしたいと思います。

 

改善策とともに、まずは中身は薄いものになるかもしれませんが「記事を作ってアップする」ということを当面の目標とし、
ブログを作るルーティンを体に覚えさせたいと思っています。

これからどんな風にルーティン化していくかなども記事にしますね。