スケジュール管理が苦手すぎる女の話

Webライター フリーランスへの道

気がついたらブログが4ヶ月放置されていました。
え?前回の更新が3/1で、今日は7/4?!
ご無沙汰しています。まだまだ梅雨空ですが、すっかり暑くなってきましたね。

私の近況としては、2021年4月1日に開業届も出して本格的にフリーランスデビューも果たし、最近は執筆以外にもちょっとしたWebデザインなど、新しい仕事にも挑戦しています。
新しい仕事をしつつ執筆のお仕事もさせていただいているのですが、相変わらずの遅筆ぶりを発揮しています…

本当に仕事がいつもギリギリ……いや、最近は遅れがちで本当に最悪です。
常に何かしらの仕事が終わってなくて、ブログの更新なんて全然ままならない状態。
そして、気がつけば4ヶ月放置…スケジュール管理ができなさすぎです。

これではダメだ!と7月に入り一念発起しました。

スケジュール管理ができるようになりたいので、今回は「スケジュール管理が苦手すぎる女の話」と題して自分の問題点を考えていきます。

スケジュール管理できていますか?私は苦手です

フリーランスだろうが会社に所属していようが、仕事のスケジュール管理は本当に大切なことですよね。
しかし小学生の頃、夏休みの宿題を8/31に泣きながらやっていたタイプの私。根っからスケジュール管理が苦手です。

私がなぜスケジュール管理ができないのか、以下5つのから原因を探ってみます。

①締切日が近づくまでやる気が出ない

【悪い意味で】締切を忠実に守るタイプです。
例えば締め切りが1週間後の場合、毎日パソコンには向かうのですが、はじめの6日間は作業へのやる気が上がらず進みません。
締め切り前日になって、ようやく作業へのやる気が無理矢理上がり始めます。

とにかく「締切日」に提出しようとします。
締切日まで日数があれば「余裕がある」と無意識に考えています。
そして締切日が近づくとようやく脳が危険を察知して、慌てて作業に集中します。

②ギリギリにならないと高品質のものが作れないと感じる

仕事を前倒ししたい意識は常にあるので、毎日パソコンに向かっています。
しかし締切まで余裕がある間は、何をやっても品質が良いものができていないように感じます。

最終的にギリギリで追い詰められているときに、なんだかんだ高品質のものができているように感じています。

③仕事にかかる時間を見誤っている

①にもつながるのですが、やるべき作業に対して必要とする時間をかなり短く見積もってしまうクセがあります。
例えば執筆3,000文字程度なら集中したら5時間くらいでできるはず!と考えますが、結局3日かかっていることなんて日常茶飯事です。

例えば1週間後までに3,000文字の記事を1つ仕上げる場合、最悪前日に半日集中したら余裕で提出できる!と考えてしまうんですよね。
そして見積った時間通りに作業をスタートさせても全然完成せずに締切日に苦しむはめに…

④机と部屋が汚い

仕事に集中できない外的要因に、机と部屋が散らかっていることも考えられます。
実は今、部屋の模様替えをするつもりで部屋がひっくり返っています。
しかし仕事が終わらなさすぎて手がつけられおらず、部屋が汚い→仕事に集中できない→仕事終わらない→部屋の模様替えができないという悪循環に陥っています。

⑤スマホが常に気になる

完全にスマホ依存症です。気になる時は3分おきくらいに、Twitterやソシャゲのチェックをしてしまいます。
今「デジタルデトックス」なんて言葉も流行っていますよね…
私には無理なのですが、もう少しスマホから離れるように努力をしなければいけません。

一方で集中できる作業もある

執筆に関しては、本当に思い通り進まず、集中もうまくできずに悩んでいるのですが、一方で集中して取り組める作業もあります。
それはコーディング作業やデザイン作業。
簡単に3時間以上集中してしまい、楽しく作業しています。

自分に合う作業、合わない作業があり、どこに比重を置くのかということも考えていかなければいけません。
ライティングだけにこだわる必要はないのだという気付きがありました。

 

スケジュール管理のためにやったけど効果がなかったこと

本当にスケジュール管理が苦手なことが会社員時代からの悩みだったので、いろいろ試しました。
しかし大きな効果は得られず、結局毎月苦しんでいます。

前提として、私は基本的に頭の中でスケジュール管理やタスク管理をしてしまうタイプの人間です。
フリーランスになって、スケジュール管理のために試してみたけど効果がなかったことは以下の通りでした。

①Googleカレンダー

仕事でもプライベートでも、私は基本的に手帳など使わずに頭の中でスケジュールを管理してしまいます。
そのため、Googleカレンダーで仕事のスケジュールを管理すれば、締切日が可視化されやる気が出ると考えました。

しかし締切日が可視化される点はよかったのですが、基本的に頭で管理している私には「タスク消化への警鐘」という点ではあまり効果は出ませんでした。
可視化されたカレンダーとタスク管理が結びつかない感じです。挙げ句の果て、入力がどんどん面倒になる始末。

今もGoogleカレンダーは使っていますが、あくまで補助的な役割で、メインの管理にはできていません。

②Trello(タスク管理アプリ)

タスク管理で有名なTrelloがあれば、スケジュール管理も容易いはずと思いました。
しかし、Googleカレンダーさえ効果がない人間には、使う以前にタスク入力の段階で飽きてしまいました。

③TO DOリスト

作業しなけばいけないことが増えてくるとTO DOリストを作ることもありますが、これも一時的なものです。
書き出したタスクをすべて消化する前に、リストを確認することに飽きてしまいます。

結論

頭の中でタスク管理やスケジュール管理をするのが当たり前になっていると、何かツールを使ってスケジュールを管理するというのは私にとって【タスクを1つ増やす】ことなんですよね。
管理ではなく、作業を増やすことになるので、私には効果がなかったと考えられます。

 

7月からスケジュール管理を徹底すると誓い、やり始めたこと

以前にもブログで書きましたが、仕事に追われているうちに毎月毎月が終わっている…ということが続いています。
そのため明確な休日も作れておらず、毎日ダラダラと仕事に向かう日々。

頭の中には常に消化されていないタスクがあって、いつも気持ちがざわざわしています。
本当に良くありません。自分でもわかってはいるのです。

そして気がつきました…全然収入が増えない!!!

スケジュール管理ができていないことにより仕事の消化率が悪く、結果的に収入を増やすどころか最近減っている気が…

精神的にも金銭的にも本当にダメです!
7月に入り、いったん仕事にキリがついたタイミングで改善を図ろうと動き始めました。

前の記事はこちらからどうぞ!

 

①締切日に対する意識を無理矢理変える

とにかく諸悪の根源である、締切日【当日】に間に合わせようとしてしまうクセを直すことが第一です。
締切の3日前くらいに、無理矢理「今日中に終わらせないとやばい!」とだけ考えるようにしました。

本来の締切日は忘れるくらいの感覚で、新たに設定した「今日中に終わらせないとやばい!」日だけを意識します。
事前に終わらせる日を「締切日」と呼ばないことがポイント!
この日を締切日と呼ぶと、「いやいや本当に締切日は3日後だし」と頭の中で別人格の私が囁いてしまいます。
あくまでも締切日は締切日であって、事前に引く線は違う呼び名にすることで意識が集中できます。

②とにかく終わらせる

品質の高いものを作ることに気を取られ、だらだらと何日もかけて仕事をやるクセも、もう一つの問題点です。
何日もかかると、いつまでそのタスクが完了せず気持ちはスッキリしません。
また一つのタスクに時間がかかってしまう原因にもなります。

そこを改善するために、「その日に終わらせること」を目標にしました。
品質より、終わらせることを優先です。
「タスクは終わるもの」という認識を頭に叩き込んでいます。

また、その日にタスクを終わらせることが目標だと、作業に飽きても「今日中に終わらない!」と考え、意識を作業に戻すことにもつながります。

 

【まとめ】7月は作業を前倒しスタートしています!

とにかく作業効率が悪すぎる今の状況を打破するべく、今月から2つのことをやり始めました。
まず7/5(月)に提出するお仕事があったのですが、この意識の改善により7/3(土)の夜に提出が完了しています!
(毎月やっているお仕事で、いつもなら提出日当日の夜の時点でも作業が終わらずに徹夜して翌朝に提出…という感じです。最悪です)

明日提出する仕事が前倒しで終わったため、本日(7/4)はずっと止まっているブログの更新に着手できました。
最近はブログも数日かけて執筆していたのですが、何としてでも今日中に終わらせるという意識のもと、なんとか半日ほどで4,000文字近くの執筆できました。
良い調子!!

ちょうど昨日、YouTubeで「メディアの更新をがんばっていた頃は1日10記事(1記事2,000文字以上)書いていた」と語る女性を見つけ、自分の執筆スピード甘さに衝撃を受けました。桁が違う…!?
1日10記事は難しくても、毎日更新できるように意識を入れ替えたいです。

ブログで書きたいネタはいろいろ積もっているので、ブログの更新ができるようにスケジュール管理の改善を引き続きがんばります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村